ニベアの青缶美容法は本当に効果がある

私は42歳の主婦です。 パートで働きながら、家事に育児に奮闘中です。

そんな主婦にありがちな悩みは、どうしても自分の為に掛けるお金がわずかしかないということです。

育ち盛りの子供がいて、扶養の範囲内でしか働けないから、そんなに稼ぐことも出来ません。

育ち盛りの子供に食べさせて、そしてまず子供の学費や習い事にお金をやりくりしたら、自分の為に掛けるお金なんてほとんど残らないのが現実です。

それでも年齢が高くなってきたので、どうしてもアンチエイジングにも気を遣いたいところですが、そこまでお金を掛ける余裕がないのです。

そんなときにネットで見たのが、ニベアの青缶美容法です。

ニベアの青缶はずっと昔からあるロングセラー商品ですが、それが美容に高価があると知っている人は多くはいないでしょう。

でも、ニベアの青缶の成分は、某有名化粧品メーカーの美容液と同じような成分が含まれているというのです。

ニベアの青缶なら、そんなにお値段も高くありませんから一番大きなサイズを買えばたっぷり使えます。

有名人のメイクアップアーティストの人も、乾燥で顔のコンディションが悪いときにはメイク落としにもニベアの青缶を使っているという話をネットで読みました。(コールドクリーム代わりとして)

私も今は、何もかもニベアの青缶を使っています。

まずニベアの青缶でメイクを落とし、そして化粧水と乳液を付けた後、顔にたっぷりのニベアの青缶を塗りこみます。

こうすることで、乾燥による小じわが本当に少なくなり、顔のハリが戻ったように思えます。 安くて簡単、でも効果は抜群のニベアの青缶美容法はとってもお勧めです。

毛抜きの自己処理による想像以上の結末


ムダ毛の処理や脱毛で使う器具は様々あり、処理をする部位によってもハサミやカミソリ、毛抜きなど色んな器具を使い分けて処理をしています。

例えば、私が定期的にムダ毛の処理をしている箇所が、Vラインです。ある程度はサロンで脱毛をしているのですが、やはり生えている部分は伸びてくるので、定期的にハサミでカットしています。

Vラインのムダ毛は髪の毛並に伸びるのが早いような気がしているのですが、そう思うのは自分だけでしょうか。私のVラインのムダ毛は量も多く、お手入れしないとふさふさになってしまいます。

定期的にハサミで長さなどをカットしているのですが、いつもやりがちな失敗は皮膚までハサミで切ってしまうことです。気を付けてはいるつもりですが、何回かに1回は必ず皮膚までハサミで切ってしまいます。大きく切れるほどではありませんが、ハサミの先でちょっと皮膚を挟んでしまい、小さくですが切れて血が出ます。傷は小さいですが、痛みはかなりあります。

自分でムダ毛を脱毛する場合、やはり慎重に、お肌に負担がないように、傷を付けないように行うことが一番大事なのです。自分でも分かってはいるのですが、回数を重ねるうちに、つい気が抜けてしまい丁寧さが欠けてきてケガをしがちなので、気を付けようと思います。

ワキの脱毛で炎症をおこしました。

28歳女性で会社員をしています。

私が体の部位で一番気になっているのが、ワキのムダ毛です。
腕や足などは比較的ムダ毛は薄いのですが、ワキに関しては相当な剛毛です。
抜くとムダ毛の生えてくる頻度が減ると聞いて、一度ピンセットで頑張って抜いたことがあります。
しかし、目がチカチカして痛くなったのですぐに中止しました。

どうしようかと悩んだ末に、市販で売られている脱毛テープを試してみることにしました。
その脱毛テープの箱にワキにも使用できると書いてあったので、ドキドキする気持ちを抑えながら使用してみました。

痛みは多少ありましたが我慢できる程度でした。テープをワキに貼り、ジリジリ剥がすのではなく、ある程度の勢いをつけて剥がします。
するとだった一回で半分以上の毛が抜けてくれました。抜けた後はツルツルですごく綺麗な仕上がりになっていました。私は大喜びで、脱毛テープをし続けました。

使用し始めて二ヶ月が経とうとした頃、ワキがチクチクと痛み出しました。ちょうど夏場で汗をかく時期だったのですが、汗かすごくしみました。
そのうちワキは真っ赤に腫れ上がり、服が擦れても痛みが走るほどにまで悪化してしまったのです。

慌てて病院を受診すると、脱毛テープが原因でかぶれてしまったようでした。あまりに痛かったのでトラウマになり、いくらツルツルになってももう使用はしないと心に決めました。

慌てて処理をして痛い目に会いました。

30代の主婦です。

子供の頃から毛深いのが悩みで、中学に入ったあたりから色々な脱毛法を試しましたが、失敗したこともたくさんあります。

まずは、お金がないからといって安いカミソリを使ってガンガン剃っていたこと。

しかも安全カミソリではなく百円ショップで買ったまっすぐな刃がむき出しのものを使っていました。

腕や足などの平らな所はなんとかなっても、ワキを剃るのは至難の技。
鏡を見ながら慎重に剃るものの、何度か失敗して傷を作ってしまいました。

そんなある日、急に海に遊びに行くお誘いが。私は家にいたのですが夏休み中だったので毛の処理をサボっていました。

普段はお風呂に入った時に体に石鹸の泡がついた状態でカミソリをあてているのですが、なにせ急なお誘いです。

水着やサンダルの用意もしなくちゃいけないし、お風呂に入っている時間などなく、それでもこのままの状態で行くわけには行かない!

仕方なくクリームも何もつけずに乾いた肌にカミソリをあてたところ、腕も足も粉を吹いてカサカサになってしまいました。

それでもなんとか毛は剃れたのでよしとして出掛けましたが、そのままの状態で海に入った時、海水が荒れた皮膚にしみて激痛が!

とても泳いでいられるような状態ではなく、みんなが楽しく遊んでいるのを一人砂浜で遠くから眺めていました。

乾いた肌に安いカミソリ。これだけは絶対にやってはいけないと学んだ大失敗でした。

腰痛が酷くて仕事がままならない

地元の小売店でパートのお仕事を始めてから、かれこれ15年となります。従業員の中では最も勤務歴が長く、今では新人教育に加えて閉店時の売上のチェックまで任されるようになりました。
お仕事の内容自体は決して苦ではなかったのですが、ここ数年で老いが出てきてしまったのか、慢性的な腰痛に悩まされるようになってきました。割とあちこち動き回る仕事なので、その痛みは日に日に増してきています。去年の秋ごろからは、あまりの腰痛の酷さにお休みをいただいたり、出退勤の時刻をずらしていただく事も増えてきました。

このままでは職場全体に迷惑がかかってしまう(すでにかかっていますが)……かといって、今のうちにしっかり働いて稼いでおかないと、老後の生活が不安。じゃあどうすれば良いかとなると、当然「腰を治す」という結論しか出ないんですね。
でも、これまで整骨院に通ったり市販薬に頼ったりしていても全く変わらなかったので、ほとんど諦めていたんです。そんな時に、こんなサイトを見つけました。

リョウシンJV錠で腰痛が治った人の話し

CMで話題になっている、有名な医薬品だそうです。私は日々の生活に追われていてテレビを観る機会があまりないので、初めて知りました。どうやら薬局にも売っていないようで、通販限定なのだとか。
でも、そういう好評な商品って、だいたい通販限定なんですよね。私はこういったネットショッピングにも疎いので、息子に頼んで注文してもらおうと思っています。

サイトでの説明を読む限りでは、すぐに効いてくるわけではなく、長期間継続して服用して効果が発揮されるとの事。ちょっと飲んで効果がないからってすぐに諦めてしまっていた私ですが、これをしっかり覚えておきます(笑)
ちゃんと続ければ、来年の今頃には腰痛が改善されているかしら?

ダイエットとシミ対策

私は31歳の女性です。 今はダイエットとシミ対策に気をつけています。

両方とも30歳に突入してから特に注意するようになりました。 体は20代のころより余計なところに肉がつくようになり、簡単に痩せにくくなりました。

私の場合、二の腕や太もも、ふくらはぎが若いときに比べてかなり太くなっています。 運動をしてもなかなか体重が落ちません。

そのため、食事に気をつけています。 まず夜9時以降は食べ物を口にしません。 夜食べるとカロリーを消費しないので簡単に太ります。

飲み物でも甘い物は避けています。 カロリーがあるものはせいぜいカフェオレの生クリーム程度でしょう。 それから野菜を中心とした食生活を心がけています。

炭水化物はなるべく避け、代わりに野菜を多く摂取しています。 野菜は肌の調子も整えるので欠かせません。 また、お風呂では気になる部分のストレッチもしています。

部分痩せを目指しています。 シミに関しては最近人気のシミウスの商品を使っています。 オールインワンゲルでとても使い勝手が良いと感じています。

もちろん日焼け止めなど紫外線対策にも気をつけています。

とにかく焼けたくないので外に行くとき紫外線の多い季節はアームカバー、サングラス、日傘を着用しています。 主人や息子に汚いと思われないよう、これからも美容には気をつけたいです。

慌ててムダ毛処理をして後悔

長年カミソリの剃毛処理で行っていました。元々肌が弱いタイプなので、極力処理回数は減らすようにしていました。そのため、夏は週1回のペースで行っていたのですが、冬は必要に迫られた時にのみにしかムダ毛処理していませんでした。しかしそれが悲劇を招いてしまったのです。

5年前の冬も、いつもの年と同じように、ほとんど肌の露出がないのでほぼ未処理の状態がずっと続いていました。

そんな時、飲み会に誘われました。同じ年の年代の男女が数人集まるというので、少し色気づいて膝丈のスカートを履いて行くことにしました。前日にムダ毛処理をすればいいやと思い、ギリギリまでいつもの状態でいました。

そして当日、着替えている時にストッキングを履いたら、ムダ毛処理をするのをすっかり忘れていることに気づきました。

冬は処理する習慣がすっかりなくなっていたので、うっかり前日に剃るのを忘れていたのです。気づいた時には、ほぼ家を出なければいけない時間となっていました。

何とかしないとと焦りながら、慌ててカミソリで無理やりスネ毛を剃りました。シェービングクリームも何も塗らずにいきなりカミソリで剃ったので、皮膚の表面が傷ついてガサガサ状態になり、とてもヒリヒリしました。

飲み会の間もずっと脚のヒリヒリが気になって、全然楽しめませんでした。こんなことなら、ムダ毛処理は諦めて、パンツスタイルで行けばよかったと思いました。